ブロメリア 日記

謹賀新年

反り上がり系

 

 

とうとう朝晩は10℃を下回るようになりました。

冬の到来も近そうです。

 

写真の株は2年前に実生から育てた、

あまたある株の中で一番の反り上がり系

ディッキアになりました。

勿論、まだ若い株で今後の生長が楽しみです。

純白Ⅱ

 

 

台風21号の影響などもあり、ここ最近は悪天候

続きでしたが、今日は超久々の快晴となりました。

 

台風21号により、この辺りは道の駅の屋根が

飛んだり、大木が倒れたり、JRが運休になったり、

かなり被害が出ましたが、幸いディッキアの

被害はありませんでした。

 

 

純白系

 

 

しばらく晴天は見られないみたいですね。

 

晴れれば、まだこの時期温室内は40度程

 

に達するのですが・・・

 

 

暑い!

 

 

今日も暑かったです。

10月に入ってこれほど夏日が続くとは

予想もしてませんでした。

 

実は9月に専用の温室が完成してまして、

いち早く取り込んだ株の生長は加速度が

ついてきました。

秋晴れ

 

 

朝晩はめっきり涼しくなりました。

・・が日中は気温が29℃程度まで

上がってくれるお陰で、ディッキア達は

まだまだ生長を続けております。

真夏日一歩手前

 

 

 

今日は29℃まで気温が上がりました。

遠くに積乱雲も見え、久々に夏を感じることが

出来ました。

夜になっても蒸し暑いです。

 

写真の株、初めて花序を伸ばしてきました。

このワインレッドの棘を遺伝出来たら、

面白い品種が出来そうです。

 

Cryptanthus warasii

 

 

オークションでベアルート苗5株販売。

1株だけキープし活着を試みましたら、

問題無く活着しまして生長しております。

 

極美株。お見逃しなく!

 

於:「その他のブロメリア」カテゴリー

阿修羅

 

 

ここにきて猛暑日を観測した地点が

今年最高だったみたいですね。

今日は大津市へ行っていたのですが、

36℃まで上がりました。

残念ながらこの辺りは34℃まででした。

しかし鉢皿の水は無くなりましたので

久し振りに水遣りをしました。

残暑

 

 

ここ3日連続概ね青天で、今日はかなり

蒸し暑くなりました。

暫く暑さが続くようで、

ご予約いただいている株のsproutの

生長も見込めそうです。

 

写真の株はアマゾニコオリジナル品種。

 

 

雷鳴轟く

 

 

今日は晴れ間もありましたが、

概ね曇りでした。

ただ気温は31℃まで上がり蒸し暑い1日でした。

陽が落ちてからは雷雨となり、ひどい土砂降り。

水遣りをしない日が更に続きます。

 

写真の株は・・・・白っ!!

終わらない夏

 

終わらない夏・・

 

終わってほしくない夏・・

 

今日は午前中雨が降っており、鉢皿は

水がいっぱい。

午後3時頃からは晴れて蒸し暑くなり、

夏らしくなりました。

太平洋高気圧も再び張り出してきて、

しばらく晴れが続くようで、

生長も期待出来そうです。

Elk

 

 

今日も北西の風により、涼しく

秋晴れのような陽気で、室内エアコン要らずでした。

しかし大陸から梅雨前線が近づいており、

明後日からは雨になるようです。(>_<)

 

写真の株は実生2年生・・・にしては

よく生長していると思います。

ヘラジカの角を連想させる鋸歯を備えていたので

Elk と名付けました。

 

見学

 

今日は早朝のスコールの後、

北西の風が入り込み、晴れましたが

真夏とは思えない涼しい1日となりました。

受け皿には水がたっぷりで、

数日水遣りをしてなく、

そういう意味では助かってますが・・

 

2日前に、こちら町内某所に秋篠宮さま

ご長男悠仁さまが見学に来られてましたが、

ディッキアの見学には来られませんでした。

(笑)

 

 

 

夏はどこへ?

 

 

今日は曇っていたり、晴れたり、雨が降ったり

ジェットコースターのような天気でした。

すっきり晴れてくれません。

関東以北は寒いようで、

まだ暑いだけましかもしれません。

 

一際巨大なDistortion。

チャニン氏がベイカー氏から直接入手された

Brittle Star のSelf実生株の選抜品です。

梅雨明け

 

今日、近畿地方は梅雨明けしました。

今年の夏はチベット高気圧の張り出しが強く、

太平洋高気圧との布団2枚重ねで、スーパー猛暑に

なるかもしれないということです。

でもディッキアコレクターにとっては望むところ

で、劇的な生長を見込めるでしょう。

 

delicata 2017

 

 

 

今年もハイクオリティなdelicata を

沢山ご用意出来ました。

近い内にご紹介出来ると思います。

シーズンイン

 

 

最低気温が10℃を下回らなくなり、

いよいよブロメリアの季節到来です。

 

ディッキアも少しずつUPして参ります。

今年は過去最高の布陣をご用意出来たと

自負しております。

春の新入荷

 

 

お待たせ致しました。

2017年ブロメリア第一便入荷しております。

どの株も厳選したセレクト品です。

Amazonicoでしか手に入らない珍品もあるかも。

少しずつUPして参ります。

宜しくお願い致します。

 

 

注・・ディッキアのお客様はもう少しお待ち下さいませ。

 

Son of Jaws

 

 

 

今日は久し振りにいい天気でした。

でも全ての雪が解けるのはまだ先に

なりそうです。

 

まだまだどんな草姿になるのか分かりませんが、

期待のJawsの実生仔株たちです。

 

いつか旅立つその日までしっかり管理

致します。

ディッキア越冬中

 

 

 

今年は久し振りの大雪で、毎日雪どけに

大忙しです。

まだまだ春とディッキアの季節は遠そう。

 

最近、一眼レフカメラを買いました。

使いこなせるまでに時間が掛かりそうですが

いい写真を沢山UPしていく予定です。

ご期待下さいませ。

真冬のディッキア

 

 

滋賀北西部は久し振りの大雪となりました。

 

秋に殆どの株を室内に取り込みましたが、

50株ほどは外で管理しております。

 

南ブラジルの原種やその実生株は寒さに

非常に強く、写真のように雪に埋もれても

平気です・・・多分。

「ある程度、陽当たりのいい場所」であること

が肝心です。

でも真似はしないで下さい。

新年明けましておめでとうございます

Dyckcohnia

 

 

 

今日は19℃にも達し、ポカポカ陽気でした。

今年、もうこんな暖かい日は無いでしょう。

 

写真はConrad Morton という有名な植物学者の

名を冠した属間交配種。

花序は生長点付近から伸ばします。

Dyckia との交配を試みましたが、全て結実せず

失敗。徒労に終わりました。

 

身軽に

 

 

寒くなりましたが、まだディッキアは外で

太陽を浴びせて管理しております。

 

画像のロゼット径50cmを超えたMercury は

13,5号鉢植えで、土が一杯入っております。

いずれは移動させることになると思いますが、

パーライトが結構入っており、何とか

持ち運べそうです。

斑入り?

 

 

ブラジル自生地で採取された種子を育てた

 

brevifolia です。

 

黄色く、まるでMoon Glow などと呼ばれる斑入りの

 

ようですが、寒くなり紅葉しているだけで、

 

夏場はグリーンカラーです。

CANNA GRANDE

 

 

今日はブロメリアではありません。

 

Canna musafolia 

 

親類にプレゼントした苗ですが、地植えで3mほどに育ち

 

開花に成功されました。

 

寒くなりましたが、まだ青々として生命力に満ちて

 

おります。

 

我が家のプランター植えの株もかなり大きく育ちましたが

 

こちらの株に比べたらショボいものです。

delicata

 

 

こちらのdelicata は昨年、Wヘッドの大株で入手しました。

現在は4ヘッドになっております。

 

魚の背骨を連想させる中々の良株だと思います。

 

このような南ブラジルの原種は非常に耐寒性があり、

当サイトでは真冬も雪が当たらないようにして、

戸外で管理しております。

Great White

 

 

葉が巻き込む品種が多い中、Great White の葉は

 

上へ反り上がります。

 

美しいロゼットを形成し、ネーミングぴったりの美しく白い葉

 

には荒々しい棘を備える。

 

生長はゆっくりで、脇芽は作らず、見かける事も少ない

 

品種と言えるでしょう。

 

 

霜月

 

 

もういつの間にか11月ですね。

朝晩は10℃を切るようになってきました。

 

今日は雲一つ無い快晴でしたが、ディッキアの生長は

ほぼ止まっているようです。

そろそろ冬支度の準備も必要なようです。

鮮血の鋸歯

 

 

今日は久しぶりの快晴。

しかしBillbergia 何鉢か倒れる程の強風が吹き荒れ、

体感温度は非常に寒い一日でした。

 

 

写真は想定を超えるほど大きく育ったRuby Flash.

(ロゼット径、49cm)

こちらの株よりはまだ小さいですが、1株販売ページに

UP致しました。

 

 

純白

 

 

 

先日もちょこっとご紹介したferruginea OP.

 

雰囲気からgoehringii とのクロスと思われます。

 

まだまだ大きくなりそうで、今後の生長が

 

楽しみな一株であります。

 

因みにferruginea OP.からはmarnier-lapostollei

 

とのクロスのような株も出現しております。

季節外れの夏日

 

 

今日は台風から暖かく湿った空気が流れ込んだ為、

 

気温が上昇し、とても暑くなりました。

 

ディッキア達は一部は紅葉しながら、

 

10月に入ってからも順調に生長しているようです。

 

 

Dyckia ?

 

 

今日は快晴でした。

 

有難いことに来週はちょっと気温が上がるみたいですね。

 

 

 

写真の株はDyckia 'Silver Down' という名前で入手。

 

既にカットしてありますが、花序の位置が生長点付近!

 

お主、ディッキアではないな!!!

Atom

 

 

Chanin 氏のdawsonii 系ハイブリッド。

 

葉はよく伸長し、ノギはまるで返しが付いている

 

ようで、引っかかりやすく危険です。

 

その危険さも魅力の一つ?

さらば太平洋高気圧

 

 

めっきり寒くなりました。

 

私の嫌いな季節到来です。

 

こんな時は少しでもホットなブロメリアを見て

 

暖かい気分を味わいたいものです。

goehringii found by E Esteves

 

 

今日は未明のスコールで起こされました。

 

その後、昨日蒸し暑かったのが嘘のように

 

急激に涼しくなりました。

 

 

 

写真は自生地でEddie Esteves 氏が発見し、

 

10年余り封印されていたgoehringiiの変種。

Japanese Fan

 

 

今日は雨降りの予報でしたが降らず、

 

10月とは思えない異常に蒸し暑い一日でした。

 

ただ来週からはかなり涼しくなってしまう

 

みたいですね。

 

 

 

私が住んでいる所は扇子(Japanese Fan)作りで有名

 

なんですが、扇子を作れない代わりに

 

私はこのFanを作ってみました。

 

pottiorum × estevesii

 

 

 

Made By Amazonico

 

 

昨日は台風一過の秋晴れとは

 

いかなかったのですが、

 

今日は朝からよく晴れました。

 

 

 

写真の株は3Head 実生2年生。

 

脇芽は作らないタイプのようです。

Diamond Crown

 

 

 

Bill Baker 交配の傑作

 

Diamond Crown

 

名前はChanin 氏が付けられました。

 

タイから入ったホンモノです。

Mercury F2 No.24

 

 

台風接近に伴い何株かは避難しましたが、

 

殆どの株は外にそのままです。

 

ですが、風も大したことなく、

 

何とかやり過ごせそうです。

 

 

 

写真の株は春から夏はトリコームが

 

剥がれている感じだったのですが、

 

いつの間にか去年の色に戻ってました。

 

 

Arizona

 

 

 

 

Bil Baker 作出の名作Arizona

 

 

こちらもコレクターにはマストですね。

秋の生長

 

 

 

例年、この時期H&Hは長大で連続する

 

ノギをつくります。

 

下の葉と新しい葉で全然違うのが見てとれます。

 

mucho calor

 

 

今日は真夏日でとても暑い一日でした。

 

Dakota もまだまだいい発色をしているようです。

Dark Shadow

 

 

去年は3株販売させて頂きましたが、

 

今年は出来ませんでした。

 

今後の入手が懐疑的で1株キープしてあります。

 

現在、全く脇芽をつくる様子がありません。

Centipede

 

 

 

ムカデ(centipede)の集合体delicata

 

いい感じに仕上がってきました。

Baby Dakota

 

 

 

最近、日照不足ぎみ。

 

水やりしなくていいのは、助かってます。

 

 

 

 

写真はDakota の赤ちゃん。

 

小さくてもしっかり斑入りです。

Neoregelia

 

 

ネオレゲリア数点UP致しました。

 

お家でエキゾチックな雰囲気を

 

味わうのでしたら、ネオレゲリアは

 

打って付けだと思います。

 

 

 

{(car × HL) × NB} × carchardon   Rainbow

 

Big Spines

 

 

 

La Niña

 

 

 

ラニーニャ現象によると思われる気温上昇は

 

有難いのですが、いかんせんスッキリ晴れて

 

くれません。

 

今日も午前中だけ晴れ間が覗きました。

Amazonico Monster

 

 

ロゼット径75cmもある巨大な株。

 

Dyckia hybrid で入手しましたが、何となく

 

Deuterocohnia の血が入ってそうな気がします。

 

10号鉢ではこぜまく、来年植え替え予定です。

São Marcos-RS

 

 

São Marcos-RS の実生株の中でもマザープラント

 

に近い発現をした株。

 

なかなかカッコイイです。

Dancing Dervish VS ferruginea OP.

 

 

Dancing Dervish(左)とferruginea OP.(上・右)

 

 

とても雰囲気が似ているので、上・右の株は

 

ferruginea × goehringii かもしれませんね。

 

Dancing Dervish(goehringii × ml giant blue)

 

 

右のferruginea OP. は白さが際立ちとても美しいです。 

朱色の珍品

 

 

Deuterocohnia longipetala 'Silver' × Pitcairnia burle-marxii   

 

全体的なフォルムや葉裏の朱色が美しい属間交配種。

 

真夏も直射日光下で管理しておりました。

 

1株「その他のブロメリア」カテゴリーで販売中です。

 

当サイトでも1株大きくしてみようと思います。

 

 

 

 

 

純白の幽霊

 

 

不規則に純白の葉を伸ばす異端児。

 

一応、Top Prospect の1株です。

 

 

Dyckia 'White Ghost'

 

(Rolling Stone × Distortion)

Dakota 軍団

 

 

 

 

今日は積乱雲も見え、結構暑くいい一日でした。

 

 

何の変哲もないDakota 軍団ですが、

 

この中に何と脇芽をつくる株が1株あります。

Shock Spine

 

 

Brittle Star 系ハイブリッド

 

Dyckia 'Shock Spine'

 

脇芽を作らない稀少な交配種です。

大きくなれよ

 

 

こちらも5号鉢サイズまで育った株。

 

(PRS×Rolling Stone)

 

Rolling Stone のように大きくなってほしいものです。

 

 

 

Mercury

 

 

今日は33℃に達し猛烈に暑い1日でした。

 

残念ながら明日からは涼しくなるみたいですね。

 

 

13,5号鉢に鎮座するロゼット径53cmの

 

Mercuryです。

ゴージャスな大株

 

 

今日は雨の後、晴れ間が多くディッキアには

 

いい1日となりました。

 

写真はreitzii rubra × goehringii

 

シンプルながらとても美しい巨大な株です。

 

葉はやや肉厚でとても固くノギは引っかかり

 

やすく危険です。

気温が暑い ディッキアも熱い

 

 

今日は予報では曇りでしたが、快晴で非常に

 

暑い1日となりました。

 

 

現在、ヤフオクにて4号鉢サイズの実生株を

 

販売中でございます。

 

画像のように5号鉢サイズになってくると

 

また印象も違ってくるでしょう。

 

(Purple Red Silver × Rolling Stone)

 

第5の巨大Heaven & Hell

 

 

こちらも直径50cm近い株。

 

こうして見ると同じH&Hでも若干個体差が

 

ありますね。

 

 

第4の巨大Heaven & Hell

 

 

こちらの株は頭を割り始めております。

 

 

因みに私の所のH&Hは中々脇芽をつくって

 

くれません。

 

販売してます株は全部輸入品になります。

第3の巨大Heaven & Hell

 

 

 

 

幅50cm近い巨大な株。

 

まだまだ生長してくれるでしょう。

Heaven & Hell  開花

 

 

 

 

本日から開花し始めたH&H.

 

取りあえずJaws や Bangkok Star などと

 

掛けてみます。

 

 

以前、こちらでご紹介したH&Hとは別株です。

LIONROCK

 

 

 

ライオンロック・・・・・・

 

ディッキアの名前ではありません。

 

台風10号の名前です。

 

心配ですねぇ。

 

 

今日も日中はいい天気でした。

Jaws

 

 

 

Jaws  素晴らしい交配種です。

 

ディッキアコレクターにとっては

 

MUST HAVEと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

ローリングストーンズ

 

 

台風何処吹く風

 

今日もいい天気でした。

 

 

 

大きく巻き込むRolling Stone には

 

ロング鉢がいいですね。

開花待ち?

 

 

開花している株がいくつかあるのに

 

何故か未開花の花に来たハナムグリ達。

 

開花はまだ遠そう。

 

Mercury がお気に入りなんでしょう。

 

 

本領発揮

 

 

 

ますます格好よくなるexcelsa

 

別株は脇芽をつくり始めました。

灼熱の晩夏

 

 

この残暑はディッキア育成には

 

嬉しいですね。

 

我が家の1000株以上のディッキア達も

 

喜んでいることでしょう。

Rolling Stone 実生株

Pollinator

 

 

White Ocean の花に来た

 

Pollinator のハナムグリ。

 

一番見かけるのはハチですが・・

Pallaphat VS Dakota

 

 

斑入りディッキア 真夏の共演

 

Pallaphat も Dakotaくらいのサイズになるようです。

そのディッキア凶暴につき

 

 

 

Dyckia burle-marxii

 

 

ダークレッドの葉に凶暴な棘を備える。

 

魅力的な大型原種です。

 

 

 

 

Muskellunge

 

 

私の交配初期の意欲作。

 

Dyckia 'Muskellunge' 販売開始致しました。

 

 

 

 

Naile Lopez

 

 

マザーラントがsp. São Marcos-RSというだけで

 

ワクワクしますね。

 

実生2年生、非常に美しい個体群です。

 

マザープラントが寒冷地のディッキアということで

 

本株も戸外真冬のマイナス8度に耐えました。

 

 

詳しくは商品販売ページで。

delicata rubra

 

 

まるでムカデの集合体のよう。

 

美しくもあり、グロテスクでもある。

 

Amazonico のハイグレードデリカータ!

 

 

 

 

Green Dyckia

 

 

 

真夏の暑い中、爽やかなグリーン系ディッキア

 

集めてみました。

 

イマイチ人気不足のカラーかも知れませんが、

 

いかがでしょうか?

marnier-lapostollei の種子

 

 

画像の2株を使った種子販売中でございます。

 

marnier-lapostollei × T-Rex F2(ml 選抜)

 

マルラポ好きにオススメ!

 

 

憧憬のDakota

 

 

秋に色付くディッキアも多いすが、

 

Dakota は真夏の高温強光下でのみ

 

その美しさを発揮します。

 

fosteriana 系であり寒さにもとても強い品種です。

貴方だけのMercury

 

 

 

種子販売ページにMercury × Mercury F2 No.24

 

商品UP致しました。

 

 

貴方だけの特別なMercury を育ててみては

 

いかがでしょうか?

 

 

(画像はMercury F2 No.24)

 

 

 

Fan Shape

 

 

 

私がestevesii を入手する時、オリジナルかTC(組織培養)

 

か教えてくれることが多いのですが、

 

見た目にはそれ程違わない?

 

因みに今原種コーナーで販売している株は

 

オリジナルで入手しました。

Bangkok Star

 

 

 

'Bangkok Star' 'The Last One' 'Tiger Nail'

 

'Red God' 'Smart' 'Piranha'

 

これらZinfandel F2 シリーズはどこか外国から

 

タイに入り、名前はタイで付けられたようです。

 

 

 

Dancing Dervish

 

 

踊るメジャーリーガー・・・・

 

ではなくてトルコの伝統舞踊のことです。

 

 

 

Dancing Derviches in Istanbul, by Alexis Urusoff - YouTube

 

 

白銀の巨人

 

 

 

マットグロッソ州の岩盤に自生する

 

超魅力的巨大原種。

 

1株原種販売コーナーにUP致しました。

4th of July series

赤棘参上!

 

 

 

パープルの葉にワインレッドのノギを備える

 

印象的な交配種。

 

お気に入りの一つです。

delicata type clone

 

 

 

花序を伸ばし始めたdelicata type clone

 

季節の変わり目に咲くことが多いDyckiaですが、

 

何株かは現在も咲いております。

 

 

 

百花繚乱!オリジナル種子好評発売中です。

緑の有刺鉄線

 

 

Puya

 

実生2年目ほどの苗で入手し、5年ほどでロゼット径

 

120cmほどに生長しました。

 

 

棘には返しが付いていて、引っかかると簡単には外れません。

 

 

強風で倒れた本株を直そうとした近所のおばちゃん数人を

 

苦痛地獄に葬った当サイト一の問題児。

ディッキアの夏、日本の夏

 

 

 

 

殆どの地域で梅雨もあけ、いい季節になりましたね。

 

今夏の生長に期待しましょう。

 

 

 

ワイルドブロメリア

 

 

 

 

2度あることは、3度ある。

 

次回はいつアマゾンに行けるのか?!

 

 

Rolling Stone × Purple Red Silver

Smart × Mercury

Rolling Stone × Mercury

Southbay cv. Tibor

 

 

 

Mega Bite という異名もある?

 

大型になるSouthbay

 

 

 

 

ディッキア 燃ゆる

 

 

reitzii rubra Fortaleza

 

delicata やhebdingii に人気をもっていかれ気味ですが、

 

こちらの原種も素晴らしいと思います。

HUGE DYCKIA

 

 

手前の株が幅75cmほど。

 

奥のexcelsaが幅80cmほど。

 

圧倒的な存在感です。

 

今夏、更に生長することでしょう。

 

 

 

 

 

ディッキアブームの火付け役

 

 

Heaven & Hell

 

ディッキアファンなら1株と言わず何株でも欲しい?!

 

そんな交配種です。

Rolling Stone 実生苗2

 

 

こんな苗が500以上あります。